メディカルユース


medical-use

HOME > メディカルユース

  • メディカルユース
    メディカルユース
  • オプティカルユース
    オプティカルユース
  • スポーツユース
    スポーツユース
  • ファッションユース
    ファッションユース

治療用のメガネについて

人間は生まれてすぐから、はっきり見えているわけではなく、生後1~2カ月くらいで、ものの形や色が分かるようになり、4カ月ぐらいで動くものを追って目を動かせるようになります。

1~2歳ぐらいの頃は、まだ解像度が低い見え方で細かい視標の判別は困難ですが、3~4歳くらいまでに1.0の視標が判別できるぐらいの最大矯正視力を持つようになり、最終的には両眼視機能(立体的にものを見る力)も含めて、概ね6歳ぐらいまでに「視機能の発達」が完成します。

その発達過程において「遠視」「近視」「乱視」などの屈折異常があると、こどもの目の発達が妨げられてしまうことがあります。
>>>詳細を見る「幼児期の目の発達について」

治療用眼鏡(メディカルユース)は、”こどもの目の発達”を妨げる屈折異常を矯正し、視機能の発達をサポートするための重要なツールです。

ノイエキッズには治療用眼鏡(メディカルユース)や関連商品が多数あります。
メガネフレームはお子さまが一日中装用するものなので、ピッタリとフィットして、安全性が高い丈夫なものを取り揃えました。遮閉訓練用アイパッチ、訓練用キットなども扱っています。

Top