メディカルユース


medical-use/hattatu

HOME > メディカルユース > 幼児期の目の発達

  • メディカルユース
    メディカルユース
  • オプティカルユース
    オプティカルユース
  • スポーツユース
    スポーツユース
  • ファッションユース
    ファッションユース

幼児期の目の発達

人間は生まれてすぐからよく見えているわけでなく、赤ちゃんのときから少しずつ発達してきて、6才頃までに視機能の発達が完成します。その過程で、視力の発達を妨げる何らかの要因があると、十分に視機能が発達せず、弱視になってしまいます。

弱視とは

眼鏡やコンタクトレンズで矯正しても視力が出ない場合を弱視といいます。
いくら裸眼視力が悪くても、矯正視力が1.0以上あるものは弱視とは言いません。
弱視の原因は大きく2つに分かれます。

先天的な疾患(先天性白内障、先天性眼瞼下垂)
光が網膜まで十分に届かない 網膜に器質的異常がある
許容範囲を超えた屈折異常がある場合(遠視・乱視・近視・不同視)
網膜にピントを合わせることができない
弱視の原因は大半が屈折異常によるものです。ピンボケの状態の映像ばかり見ていては脳や視神経に適切な刺激ができず、正常な発達が阻害され、弱視になります。

こどもの目の発達を妨げる屈折異常

目の発達を妨げる屈折異常は大きく3つに分かれます

遠視
弱い遠視度数の場合、遠くも近くも見えます。「目がいい」と思われがちですが、遠視が強くなると、遠くも近くもピントが合いません。 弱視の原因の多くが遠視によるものです。
近視
遠くのものを見たときはピントが合わないのでぼんやりして見えますが、近くにあるものに対してはピントを合わせてみることができます。強度の近視でない限り、弱視になることはほとんどありません。
乱視
縦と横方向で屈折率が異なるため、網膜にピントが1点に集まらない状態です。 光の焦点が定まらないため歪んだ像が写ります。強度の乱視になると、弱視になる可能性もあります。
屈折異常の大部分が目の大きさの問題です。背が高い人もいれば低い人もいるのと同じように、目の大きさも個人差があります。屈折異常の許容範囲を超えると、網膜にピントを合わせることができずにピンボケでものを見ている状態になり、弱視のリスクが高まります。

なぜ弱視治療にメガネが必要なのか

ピントのあった鮮明な像を網膜に映すことで、網膜や視神経の細かいものを見る機能が発達します。赤ちゃんのときから少しずつ発達してきて、6才頃までに視機能の発達が止まってしまいます。その時期を逃すと、それ以上に成長しないため、弱視は治療の時期が重要です。
その期間に眼鏡をかけて適正な治療をすることが出来れば大半は予後良好ですが、治療せずに放置していると眼鏡をかけても視力が出ないまま一生過ごすことになります。視力が出ないだけでなく、斜視になったりして両目でしっかりものを見ることができなくなることもあります。両眼視機能(両目を使ってものを立体的に見る力、距離感覚)も十分に育ちません。

「子どもに眼鏡はかわいそう」と思う気持ちも分かりますが、将来の健全な視力のために眼鏡は絶対に欠かせません。子供が眼鏡を掛けないで弱視になっていく方がかわいそうではないでしょうか。「治療ができるうちに早く気付いてよかった」と前向きに捉えていただければと思います。

弱視は薬や手術では治せません。時間はかかりますが、眼鏡が目の成長を助けてくれる治療手段となります。メガネを掛けて物を見ることが、「弱視訓練」の第一歩です。ただし、眼鏡を掛けたからといって、すぐに視力が向上する訳ではありません。長い時間をかけて、目から受けた刺激を脳が正しく理解して、徐々に視力・両眼視機能を発達させていきます。左右視力差がある場合はアイパッチ(健全な方の目をアイパッチで遮閉し、見えにくい方の目を使って発達を促す)、斜視の場合プリズム・手術(視線を矯正)が必要な場合もあります。
原因によっては弱視を矯正することが難しい場合もありますが、弱視の原因が取り除くことのできるものであれば、適切な時期に適切な治療を行えばほとんどの場合治ります。

弱視治療は長期間にわたるため、子ども・親ともに根気が必要です。子ども一人で治療ができるわけではではありません。ご両親の弱視に対する理解・家族の協力が不可欠です。

Top